アンティーク・骨董・美術品の販売・買取 伊勢崎 満

ARTIST
作家紹介
伊勢崎 満

伊勢崎 満

(いせざきみつる)
昭和36年 備前焼中世の古窯(穴窯)を弟・淳とともに備前焼で初めて復元、その焼成に成功する。 電気窯やガス窯は使用しない、松割木による焼成にこだわりのある作家。
経歴
1964年 日本工芸会正会員。 1972年 備前陶心会会長に就任。 1973年 緋襷花器が外務省に買い上げられ、中国の日本大使館に展示される。 1974年 金重陶陽賞を受賞。 1984年 岡山日々新聞社文化賞を受賞。 1987年 日本工芸会中国支部審査員に就任。 1990年 岡山県文化奨励賞を受賞。 1994年 山陽新聞文化功労賞を受賞。 1998年 田部美術館大賞「茶の湯の造形展」で大賞を受賞。 1999年 岡山県重要無形文化財保侍者となる。
関連作品
作品が見つかりませんでした