アンティーク・骨董・美術品の販売・買取 加藤 令吉

ARTIST
作家紹介
加藤 令吉

加藤 令吉

(かとうれいきち)
1953年生まれ。慶長年間より約450年続く陶家の22代目。 愛知万博でのモニュメント共同制作に加わるなど公共的な空間に作品を設置する他、オブジェ、茶道具、食器など古典的なものから現代的なものまで幅広く制作活動をする。又、日展評議員として公募展の審査員を務める傍ら名古屋造形大学の客員教授として後進の育成にも力を入れている。
経歴
日展特選 北斗賞受賞  朝日陶芸展 通産大臣賞受賞  京都国立近代美術館現代陶芸新世代展出品 日本現代工芸展 メキシコ アメリカ ニュージーランド オーストラリ ア ベルリン イタリア イギリス カナダ 北欧各国出品  愛知県芸術文化選奨文化賞受賞  愛知県教育表彰(文化功労者) 愛知県表彰(文化功労者)地域文化功労者として文部大臣表彰  中日文化賞受賞  東海テレビ文化賞受賞  日展会員証受賞  日本新工芸展内閣総理大臣賞受賞 工会展 文部大臣賞受賞  光風会辻永記念賞受賞  日展評議員審査員 日工会常任理事審査員  愛知県無形文化財保持者
関連作品
作品が見つかりませんでした