アンティーク・骨董・美術品の販売・買取 北出 不ニ雄

ARTIST
作家紹介
北出 不ニ雄

北出 不ニ雄

(きたでふじお)
石川県出身。九谷焼の名工北出塔次郎の息子。 父の色絵技法を受け継ぎながらも独自にペルシャ釉やマジョリカ釉を研究して九谷焼伝統の色絵付けと中東美術の融合を図り現代美術工芸らしい斬新な作風を示す。 また近年においては基本に戻り染付の新作にも取り組んでいる。
経歴
昭和25年 第6回日展初入選。以後連続入選をはたす。  昭和40年 第8回改日展に「青釉彫文鉢」を出品、特選・北斗賞受賞。  昭和54年 金沢美術工芸大学教授に就任。  昭和59年 加賀市文化功労賞受賞。  昭和61年 日展評議員となる。  昭和62年 第19回改組日展に「青釉 石窟佛」を出品し、内閣総理大臣賞を受賞。  平成2年 九谷焼技術保存会会長(現・顧問)になる。  平成3年 金沢美術工芸大学学長となる。  平成8年 勲四等旭日小綬受賞。  平成9年 金沢美術工芸大学学長を退官する。  平成17年 日本陶磁協会九谷支部長就任。  平成22年 日本陶磁協会特別賞受賞
関連作品
作品が見つかりませんでした