アンティーク・骨董・美術品の販売・買取 中里 太郎右衛門

ARTIST
作家紹介
中里 太郎右衛門

中里 太郎右衛門

(なかざとたろううえもん)
中里家の初代・又七は、唐津焼が隆盛を極めた文禄年間に、伊万里市大川町に田代窯を開窯し、岸岳直系の古唐津を作った。そして元和初期に、当時の中心地であった椎の峯窯へ移り、藩主であった寺沢氏の御用窯を務め、以降、その庇護のもとに、唐津焼の本流として伝承の技を受け継いでいく。初代又七から数えて5代目が現在の唐人町に開いた御茶盌窯が、14代の今日まで守られている。
経歴
1948年 東京都綜合工芸展で褒賞を受賞。 1951年 日展初入選。 1957年 日ソ国交回復記念日本現代工芸展の九州地方審査員に就任。 1961年 日本陶磁協会賞を受賞。 1969年 13代中里太郎右衛門襲名。 1976年 日本現代工芸美術十五周年記念展審査員、日展評議員に就任。 現代工芸美術家協会常務理事に再任。 1978年 日本新工芸家連盟創立会員となり、全連盟総務委員に就任。 1979年 創立日本新工芸展審査員、日展審査員に就任。 1981年 内閣総理大臣賞を受賞。 1984年 日本芸術院賞を受賞。 1989年 日展参事に就任。 1992年 佐賀県重要無形文化財認定。 1995年 唐津市政功労賞受賞。 1997年 紺綬褒章を受章。 1999年 紺綬褒章を受章。 2002年 長男・忠寛に名跡を譲る。 2007年 藝術院会員となる。 2008年 旭日中綬章を受ける。
関連作品
作品が見つかりませんでした